楽天モバイル

【楽天モバイル】格安スマホの評判と口コミ!メリット・デメリットは?


楽天モバイルの申し込みはこちら


楽天モバイルの格安スマホの良い評判な点とは何か。また他社に劣る欠点とは、どんなところなのか。メリット、デメリットを踏まえながら紹介していく。
格安スマホ、SIMの会社の1つとして人気を集めているのが「楽天」である。ほとんどスマホを使わない人向けの「ベーシックプラン」から、頻繁に使う人向けの10GBプランまで幅広いプランが用意されている。

何がメリット?

  1. 余ったデータ量を翌月に持ち越せる
  2. 充実したポイント制度
  3. 会社の知名度と安心感

1.余ったデータ量を翌月に持越し

楽天モバイルならではのメリットの1つ目として、1か月内で余った高速通信データ通信料があれば、それを翌月に持越しすることができる点である。

たとえば、3.1GBのプランを使っていたとして、1か月の高速データ使用量が2.0GBだった場合、1.1GBが余分に余ることになる。楽天モバイル利用者は、この余った1.1GBを翌月に持ち越すことができる。つまり、次の月には4.2GB分のデータ容量が与えられるというわけだ。

実際、1か月の間に高速通信容量をフルに使わないという人も多い。そんな人にとって大きなメリットなのが、この持ち越せるサービスである。

2.充実したポイント制度

「楽天」といえば、「楽天スーパーポイント」をイメージする人も多いのではないだろうか。楽天モバイルの利用者は、格安スマホ、SIMを使うことによってこのポイントが貯まる。楽天スーパーポイントが還元される仕組みになっているのが、2つ目のメリットである。

楽天のポイントは、インターネット総合通販サイトである「楽天市場」などで何かの商品を買う際に利用することが可能である。オンラインショップを頻繁に使う人にとっては、スマホの機能の面以外でも大きな恩恵を受け取ることができるだろう。

ポイントに関するキャンペーンも頻繁に行われている。ポイントが貯まる仕組みができている点が、楽天モバイルならでは特徴であるといえる。

3.会社名の知名度、安心感

そもそも「楽天」という会社は誰もが聞いたことがあるところだろう。格安スマホ業界には、まだ無名なところがいくつか存在するが、ここなら誰もが知っている会社である。

知名度が高いということで、安心感も生まれてくるだろう。ブラックな事業者である心配もなく、個人情報が詰まっているスマートフォンを利用するには必要な要素である。

安心して格安スマホ、SIMを使いたいことを考えると、楽天モバイルという会社名には大きなメリットがあるのではないだろうか。

デメリット、欠点は何?

  1. ベーシックプランの通信速度は低い
  2. 音声通話付きプランには解約手数料あり(12か月以内)

楽天モバイルのデメリットとしては、特にベーシックプランを利用すると通信速度が遅い点と解約手数料に関する点が挙げられる。

ベーシックプランの場合、データ通信速度が200Kbpsに制限される。これは、3.1GB以上のプランよりも遅い。したがって、インターネットの高速通信を求めている人にはまったく物足りないものになってしまう。

ベーシックプランであっても、メールやLINEのやり取り程度なら問題はない。しかし、それ以上にデータ通信をする機能を求めると、200kbsでは不十分になってしまう。実際問題として、3.1GB以上のプランを利用するのがおすすめであることは間違いない。

また、音声付きプランを利用している場合には、最低でも12か月間は継続して契約することが求められる。12か月以内に解約しようとすると、違約金として解約手数料9,800円が発生する。これもまた、欠点となるだろう。



楽天モバイルの申し込みはこちら