b-mobile

【b-mobile】格安スマホの口コミ!評判なメリットとデメリット!

b-mobileの申し込みはこちら

b-mobileは日本通信の格安スマホおよびSIMを提供するMVNO会社である。特徴としては、月額540円からのプランが用意されていて、通信コストが抑えられるようなサービスを提供しているところが挙げられる。

他社と大きく違いところとしては、無制限の高速データ通信(LTE)ができる月額プランが用意されているところである。無制限プランを求めている人からは特に素晴らしい評判を得ている。

BIGLOBE やSo-netなどのMVNO事業者と同じように、b-mobileは大手総合スーパー「イオン」とも提携している。そのため、b-mobileのスマートフォンはイオンでも契約できる。

何がメリット?

  1. 高速データ通信量が無制限のプランあり
  2. 無制限プランの料金が安い

b-mobileの最大のメリットは、高速データ通信量が無制限のプランが用意されている点である。しかも、月額料金はデータSIMで1,980円、音声通話機能付きSIMで2,780円である。

無制限で高速回線でもデータ通信ができることを考えると、「激安」といえるほどの金額といえる。音声通話ができるプランであっても、他社の場合は4,000円近くかかるところもあるため、b-mobileは非常に低コストで利用できることで高い評価を得ていることは間違いない。

スマートフォンを使ってインターネット回線に接続する頻度が多い人には特におすすめとなる。ネット接続すれば、利用した分高速データ通信の容量を消費することになる。これに3GBとかの制限があると、使用頻度が多ければ上限に達してしまう。

一度上限に達してしまうと、その月は低速でしかインターネット回線に触れられなくなってしまう。復活する翌月までは、動画などはもちろんのこと、ニュース記事閲覧やアプリの使用にも支障が出る。

そうならないためのサービスが、高速データ通信が無制限のプランである。これと契約すれば、上限は存在しなく、1か月内の使用枠を気にする必要はない。動画などのデータ量を大量に消費するコンテンツにも気軽にアクセスできる。

格安SIMのサービスを提供する会社の中でも、安い費用で無制限の高速データ通信ができるのがb-mobileならではの良い口コミのポイントとなっている。

デメリット、欠点は何?

  1. 回線速度が遅い
  2. 動画視聴にはまったく向いていない

b-mobileならではの残念なデメリットといえば、回線速度が全体的に遅い点である。無制限に高速データ通信が利用できるとはいっても、そもそもの回線のスピードが遅い。

やはり、格安スマホの中でも無制限プランの料金が激安な分、通信速度の面で欠点が出ているのだろう。このため、動画サイトを閲覧しようとしても、すぐにフリーズしてしまう場合がよくある。

代表的な動画サイトとしてYouTubeが挙げられるが、こうしたサイトで映像鑑賞しようとしても、思うようには楽しめない可能性が高い。したがって、回線速度の影響が比較的小さい静止コンテンツ、あるいはLINEなどのアプリの使用を中心にスマホを利用する人に向いている。

動画サイトを見る人にとっては欠点となるのは間違いない。回線速度の速さを重視するのであれば、U-mobile(同じく無制限プランあり)などのMVNO会社で契約することをおすすめする。

あるいは、費用は割高となるというネックはあるが、格安SIMではなく、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3社でスマートフォンを契約するという選択肢も、回線速度を第1に考慮するのであれば十分に考えられるだろう。

≫b-mobileの申し込みはこちら