カテゴリー別アーカイブ: 比較

NTTドコモのiPhoneの通信量が値下げ?

NTTドコモにおいてiPhoneを使っている人は多い。かつては、auまたはソフトバンクで契約でしか取り扱っていなかったため、これら2社のいずれかで利用している人がしばらくは多かったが、ドコモもアップル社の製品を取り扱い始めてからは、ドコモユーザーでもiPhoneを使う人が増えた。

しかし、大手キャリアということで、NTTドコモで契約すると、通信料金がどうしても月1万円近くかかってしまうことが多い。格安SIMがある程度が知られてきた今でさえも、安心を求めて大手キャリアで契約し続ける人がほとんどであろう。

そんな中で、総務省の意向によって、NTTドコモにおいても割安プランが作られる可能性が高くなっている。割安なプランが登場すると、iPhoneユーザーにとっても一部の人は通信料金が下がり、より家計を節約することができるかもしれない。

どんな人が得する?

割安なプランは、具体的にはデータ通信をあまり利用せず、1か月あたり3GB以下の少量のデータ通信量を使わない人向けのものが登場する可能性が高い。

たとえば、1か月にスマートフォン経由ではあまりインターネットに接続せず、ほとんどの場合はパソコンからネットを利用するといった人にとっては、現在の料金体系では大きな損をしている。

「LINE」やその他メールアプリを使って誰かとコミュニケーションを取るための手段としてスマートフォンを利用している一方、インターネットそのものは大して使わないという使い方をしている場合もまた、今の料金体系は向いていない。

しかし、今後はこういった人向けの割安プランが登場することが期待されている。データ量を対して消費しないメールや「LINE」をはじめとするコミュニケーション・ツールのためのスマートフォンである人の使い方に合った割安プランが発表されるかもしれない。

iPhoneを使っている人の場合は比較的インターネットにスマホ経由で接続することが多い人がAndroidよりも多い傾向にある。とはいえ、あまりデータ通信量を消費しない人も少なからず存在するのもまた確かである。

より多様なプランを用意して、自分の使い方に見合った料金プランを用意させようとしているのが、今の総務省であり、これからは携帯電話会社や通信社に何らかの「革命」が起こる可能性も考えられるだろう。

格安SIMのMVNOもあり!

ところで、iPhoneにおいて既に割安なプランを多数用意しているのが、MVNO会社が販売している格安SIMである。大手キャリアよりも大幅に安い料金でデータ通信などが行える仕組みになっているのが、今流行りの「格安スマホ」と言われるSIMカードである。

もし、月額料金の安さを求めているのであれば、格安SIMのMVNOに乗り換えるのが良いではないだろうか。MVNOの場合、多少は大手3社よりも回線速度が遅くなるが、値段が安く、家計の大きな節約となる。

特に大手携帯電話会社3社にこだわる理由がないのであれば、より安い料金でiPhoneなどのスマートフォンでの通信を使うために、格安SIMに乗り換えることを一度検討してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

android

UQ mobileならアンドロイドが最強だ!

≫UQ mobileの申し込みはこちら

KDDIの通信回線を利用しているau系のMVNO「UQ mobile」においては、アンドロイドのスマートフォン端末を使うと、とても大きな恩恵を受け取ることができる。

インターネット接続時の回線速度が格安SIMのあらゆる会社の中でも最速クラスであることに加えて、iPhone利用時と比べて重大な欠点もない。

アンドロイド端末を使うことによって、値段がauなどの大手携帯電話会社で直接契約する場合よりも安い値段でデータ通信を行うことができ、しかも回線がとても速いので快適にオンラインでの操作ができる。

特に、YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトで映像を視聴する人には最高の環境となっている。しかも、家計の負担も減ることから、UQ mobileに乗り換えることによって得られるメリットはかなり大きいのは間違いない。

3GBと無制限プランがある!

UQ mobileでは、アンドロイドでもiPhoneでも、高速データ通信容量の上限が3GBのプランと、上限のない無制限のプランの2種類のものが用意されている。

ただし、無制限のプランの方は回線速度が最大で500kbpsと比較的遅く設定されているため、実勢速度は3GBプランの方が速く、さらに快適にインターネットに接続できる。

この点から、特にヘビーユーザーでないのであれば、無制限プランよりも3GBという上限のある方のプランがおすすめである。少しの動画を見る程度であれば、途中でフリーズすることもなく、「イライラ」することもないだろう。

3GBの上限があるコースの場合、気になる値段については、データ通信のみのプランで月980円、データ通信+音声通話付きの方で1,680円となっている。

価格は、他の格安SIMを提供しているMVNO会社とほとんど同じであり、低価格であるところもまた評価のポイントであるだろう。

一方の、高速データ通信容量の上限が無制限であるプランの場合、1ヶ月の料金はデータ通信のみで1,980円、データ通信+音声通話で2,680円となっている。ひと月にたくさんインターネットが利用できることから、値段が高めになっている。

外出先などで頻繁にスマートフォンを操作するようなヘビーユーザーにおすすめのコースであろう。ただ、よほど頻繁に利用するような人を除いては、3GBでも十分な容量であると私は考える。自分の使い方に一番ふさわしい方のプランを選ぶのが、何よりも大切となるだろう。

なぜアンドロイドが良いのか?

スマートフォンには主要なOSが2つあり、それは「Android」と「iPhone」である。最近はアップル社のiPhoneが人気上昇の傾向があるが、UQ mobileで格安SIMカードを恵沢刷るのであれば、iPhoneはおすすめできない。

UQ mobileにおいて、iPhoneにはいくつかの制限がある。端末の機種の種類には、使えるものと使えないものがあり、iOSも9.1などには対応していないため、使い物にならない。

逆に、アンドロイドであれば、どういった機種などの制限があまりない。データ通信を行う上で、通信ができなくなるケースが少なく、テザリングも大抵のものでは対応している。

こうした事情から、UQ mobileで格安SIMカードを利用するのであれば、スマートフォン端末はアンドロイドがふさわしいだろう。

おすすめ記事

So-netモバイル

So-netモバイルで「データ通信だけ」の契約はできない?

格安スマホのMVNO会社の1つであるSo-netモバイルにおいて、残念ながらSIM単体だけでの契約を行うことはできない。必ずデータ通信SIMと音声機能付きのプランをセットで申し込むことが求められている。

他の格安SIMを提供するMVNOにおいては、データ通信SIMカードだけを契約することができ、スマートフォン端末はあくまでもインターネット接続のための端末として使い、電話は別の会社で別の端末と契約するという方法がとれる。

しかし、So-netモバイルではそうした利便性がないのが現状である。あくまでも、So-netで新規契約するのと同時に音声通話機能もセットで申し込むことになる。

ネットだけの人には向いていない!

スマートフォンを使う用途は2種類ある。インターネット接続と電話の2つの機能である。インターネットを利用するための端末であるのが現代ならではのスマホであると同時に、かつての携帯電話ならではの通話の機能を備えている形となっている。

しかし、中には通話機能は不要であり、インターネットに接続することさえできれば何の問題もないという人も存在する。そんな人たちにとっては、電話の機能が付いている分だけより多くの費用を負担しなければならなくなることから、デメリットは大きいといえる。

電話による音声通話の機能があまり重要ではなくなった背景として、無料通話アプリの普及が挙げられる。個別にアプリをダウンロードして、そこから通話を行える仕組みが整いつつあることから、わざわざ高いお金を払ってまで音声通話機能を付ける必要性が薄まっているのだ。

無料通話アプリの代表例としてLINE(ライン)が挙げられる。これは、データ通信専用SIMであっても利用可能になっているため、仲のいい人同士だけで電話したい人には、LINEさえ使えればいいのである。

音声通話ならではのメリットはある!

しかし、データ通信専用のSIMだと、不便を感じる人も多い。正式な090・080で始まる電話番号が使えないことから、周辺の人以外の人と電話できない。

特に、仕事などで電話を必要としている人にとっては、音声通話が存在しないデータ通信だけのSIMは致命的な欠陥品となってしまうだろう。

さらに、データ通信だけしかできないSIMカードの場合、万が一の緊急時であっても119番や110番に通報することもできない。緊急時の連絡手段としての機能に乏しく、何か不測の事態が起こっても、講じることができる手段が限られてしまう。これも大きな欠点であることは間違いない。

やはり、こうしたデメリットを考えると、音声通話機能が付いている格安SIMカードを用いるのがおすすめであろう。そして、その格安SIMの中の1つのおすすめのMVNOこそ「So-netモバイル」である。

mineo

mineoでiPhoneの「iOS9」は使える?

格安SIMで有名な会社であるmineo(マイネオ)の場合、iPhoneも同時に対応しているMVNOである。その中でもインターフェースiOS9は使えるのだろうか。

結論から言うと、mineoで物理的に使うことはできる。ただし、iPhone 5s/5cに関しては、ドコモの回線を利用する「Dプラン」のみでしか使えない。au(KDDI)の回線を利用する「Aプラン」では残念ながら利用することはできない。

「Aプラン」でデータ通信ができるのは、iPhone 6シリーズのみとなっている。auの回線を利用するコースのメリットとしては、ドコモ系よりもインターネット接続時の回線速度が速いという点が上げられるが、これは6/6 Plusでしか利用することができない。

また、テザリング機能も使えないのが大きな違いである。ドコモ版であればテザリングが利用可能となっているが、au版ではまったく使えない。したがって、パソコンなどでiPhone経由でインターネットに接続することができないという前提で契約すなければならない。

SIMフリー版の場合は?

SIMロックがかかってしない「SIMフリー版」のiPhone端末を利用する場合も、au系のコースである「Aプラン」を利用する場合の基準は依然として厳しい。

auショップで購入した端末と同じように、5s、5cに関してはデータ通信を使うことはできない。音声通話はできる仕組みにはなっているが、インターネットの環境に接続できないのが大きな欠点となる。

あくまでも、Aプランを使いたい場合には、iPhone 6/6 Plusの端末を自分で用意して契約するしかないのが現状であるといえる。

テザリング機能に関しても同じである。Dプランでは利用可能である一方で、Aプランではそのような機能は付いていない。テザリングを行うことを考慮に入れて格安SIMを探し求めているのであれば、まったくおすすめできないだろう。

ドコモ系の「Dプラン」の場合は、SIMフリー版でも5シリーズを用いて利用することができる。データ通信と音声通話を行うことができる仕組みになっていて、Aプランよりも新規契約する難易度が低くなっているのが特徴である。

また、テザリングも付いているため、mineoで直接契約していないパソコンやタブレットでデータ通信を行うこともできる。

SIMフリー版のiOS9のiPhoneを使う予定なのであれば、au用のプランではなくドコモの方にするのがおすすめなのは確かである。特に、Youtubeといった動作が重くなりやすい動画サイトをあまり見ないといった、回線速度を気にしない人ならなおさらだ。

iphone

iPhoneの格安SIMは「IIJmio」が一番おすすめ!

IIJmioの申し込みはこちら

iPhoneで格安SIMを使うのに一番おすすめなのは、IIJmioとい うMVNO会社である。音声通話機能とSMS機能をつけた場合でも、高速データ通信が1ヶ月あたり3GBまでのプランで税抜き1,600円、5GBで 2,220円、10GBで3,260円と割安な料金となっている。

また、iPhoneであってもIIJmioであれば、テザリング機能も付いていて、すでに持っているパソコンやタブレットを使う場合に、iPhoneの回線を用いてインターネット接続を行うことができるのも、おすすめの理由である。

auやドコモの直営のショップで契約すると、1ヶ月だけで1万円近くに達してしまう。しかし、格安スマホであることによって、今までは浪費してきた費用を下げることができ、それだけ家計の節約にもなる。

au・ソフトバンクのiPhoneは使えない!

IIJmio では、NTTドコモの回線を使用している。いわゆる「ドコモ系」のMVNO会社であることから、auで購入したiPhone端末では通信を行うことが一切 できない。そのため、格安SIMを利用するには、ドコモで買った端末かSIMフリー版の端末を用意しなければならない。

ソフトバンクの端末についてもauと同じである。SIMロックがかかっているため、そもそも格安スマホのMVNOで契約することが前提となっていない。利用できる環境を整えるためには、SIMフリー版の端末を用意するのが必須となる。

なお、格安スマホのMVNO会社の多くはドコモ回線を使用している。そのため、ソフトバンクやauの端末でSIMカードを切り替えるのは難しいと考えて良いだろう。ただし、au系の格安SIM会社の「UQ mobile」と「mineo(マイネオ)」は除く。

MNPはどの会社でも可能!

今まで使ってきた電話番号を格安SIMに乗り換えた後も使えるようにできる制度である「MNP」に関しては、すべての通信会社からの乗り換えに対応している。

たとえば、今までソフトバンクを使ってきた場合で、電話番号をIIJmioで契約した後も引き継ぐことは可能である。auについても同じである。また、他の格安SIMのMVNO会社からの乗り換えであっても、MNP制度を利用すれば同じ電話番号を使い続けることができる。

すでに慣れ親しんだ090、または080から始まる携帯電話番号を、他の通信会社に引っ越した後も使えるという点は、多くの人にとって大きなメリットであることは間違いない。

高速データ通信を手動でON/OFF切り替えできる!

IIJmioならではの評価できるポイントとして、高速データ通信機能を手動でONにしたりOFFにしたりすることができる点がある。

専 用のアプリを利用することによって、高速通信モードと低速通信モードの切り替えを行うことができる。その機能を使うことによって、たとえばYouTube の動画を見るときは高速データ通信モードにし、ヤフーニュースなどの記事を読むときは低速モードにするという使い方が可能となる。

使う用途によって高速データ通信モードのONとOFFを切り替えていくことによって、1ヶ月の通信容量を節約することができる。

ひと月の中で使い切らずに余ったデータ通信量は翌月に持ち越せる。3GBのプランを利用していて、1ヶ月で2.5GBしか使わなかったのであれば、残りの0.5GBは次の月に持ち越すことができる。

余ったデータ通信量が持ち越せる点もまた、IIJmioがおすすめな理由である。もしこれからiPhoneを用いながら格安SIMに乗り換えることを検討しているのであれば、MVNO会社の候補の1つとして考えてみてはいかがだろうか。

≫IIJmioの申し込みはこちら

おすすめ記事

mineo

mineo(マイネオ)でiPhoneは使えるのか?

mineo(マイネオ)の申し込みはこちら

格安スマホのMVNO「mineo(マイネオ)」はau系・ドコモ系の両方のプランを用意している会社である。また、iPhoneも使えるSIMでもあり、「6s」、「6s plus」の端末であれば何の問題もなく利用することができる。

mineo(マイネオ)であればauのプランもドコモのプランも用意していることから、auショップで購入したiPhoneであっても、ドコモショップで購入した端末であっても使うことができる。

また、SIMフリーのiPhone端末であれば、「Aプラン」でも「Dプラン」でも使える。両方の回線に対応しているため、利用者は好きな方を選ぶことができる。

ただし、iOS 8~iOS 9.1のiPhone 5sおよびiPhone 5cに関しては対象外となっているため、格安SIMを用いて使えない仕組みになっている。このため、5シリーズを使っている人には恩恵はない。

テザリングはできない!

mineo(マイネオ)でiPhone利用で格安SIMに契約した場合、欠点としてテザリングを利用することができない点が挙げられる。これはau系のAプランであってもドコモ系のDプランであっても同じである。テザリングが使えない。

このため、iPhoneの回線を利用してパソコンやその他の通信端末でインターネットに接続することができないということになる。

特に、引っ越したばかりなどで自宅にパソコン用のネット接続のための設備がない人にとっては、インターネットを利用する代替手段の1つの選択肢がなくなってしまう。これは一時的ではあってもデメリットとなってしまう。

MNPにも対応

ところで、iPhoneであってもauやドコモから格安SIMのマイネオに乗り換える際には、電話番号も今までの番号をそのまま引き継ぎたいと考えている人は多いだろう。

電話番号を前の通信会社から別の会社へ引き継ぐための制度が「MNP」と呼ばれるものであるが、mineo(マイネオ)であっても利用することができる。したがって、今まで使っていた090・080で始まる電話番号について、通信社を変える際にMNPの手続きを行えば、マイネオに移った後も電話番号は変わらない。

これまで使っていた会社が大手携帯電話3社であった場合にはもちろんのこと、別の格安SIMのMVNO会社で契約していった場合であっても、MNPの制度を利用して電話番号を引き継ぐことができる。

なお、MNPに関しては、iPhoneであってもAndroidの端末であってもやり方は同じである。最初に現在使っている通信社にMNPの申請を行って、その後mineo(マイネオ)で新規契約の申込みを行えばいいだけである。

≫mineo(マイネオ)の申し込みはこちら

関連記事

格安SIMでもネット証券で株取引はできるのか?

現在はインターネットの普及によって、株式投資の世界でもIT化が進んだ。その結果としていわゆる「ネット証券」が数多く登場した。そして、スマートフォンの登場でオンラインで株取引を行うのはあまり前のこととなった。

ところで、格安SIMでもネット証券で株取引などの金融投資の活動は可能なのだろうか。月2,000円以下という値段でもスマホが利用できるとして近年注目を集めているものであるが、金融商品の取引も果たしてできるのだろうか。

格安SIMでもOK!

データ通信さえできれば、格安SIMであってもネット証券における操作はできる。正規の携帯電話会社でなくても、インターネットに接続できる環境さえあれば、証券会社の口座にログインして市場に参加することは可能である。

スマートフォンからでも、株式市場の動向を見て新規で注文を発注したり、保有株を手放すために決済したりする場合はあるだろう。

特に、東京株式市場は平日の午前9時から午後3時までと、取引時間帯が多くの人がよく外出する時間帯であるため、スマホ経由の操作の重要性が高い。

ただし、スマートフォンの月額料金はできるだけ安く済ませたいという考えもあるだろう。そんな需要にこたえているのが、格安SIMを提供しているMVNO事業者である。正規の通信社よりも割安な価格で使えることが何よりも魅力的となっている。

そんな中で、ネット証券での株取引の操作が格安SIMであっても利用できることによって受け取るメリットは大きいだろう。

回線速度が遅い?

ただし、格安SIMの回線速度は全体的に遅い傾向にある。インターネットに接続することはできたとしても、高速な通信速度を維持することは難しい。どうしても、正規の携帯電話会社で直接契約している場合の方が回線速度が速い。

回線のスピードが遅いと、リアルタイム株価がなかなか反映されず、多少のタイムラグが発生してしまう場合がある。たとえば、ある瞬間の株価が500円だった場合、実際にスマホの画面に500円という数値が出た時には既に499円になっているような現象がある。

また、成り行き注文を入れた場合、回線速度が遅いことによって反映されるスピードが遅く、注文の実行が遅くなってしまうこともある。このため、デイトレードなどの瞬発性が必要となれる投資手法を多く用いる人にとっては、格安SIMならではの欠点は重大なものとなる可能性もある。

回線速度の速さが求められるような投資家にとっては、格安SIMによるスマートフォンによる株取引はあまりおすすめはしない。

関連記事

スマホの通信費が最安値会社はどこ?

スマートフォンを持つ中でも特に通信費を安く済ませたいのであれば、格安SIMを提供するMVNO会社の中でも最安値で激安な月額料金プランを用意しているところがオススメとなるのは間違いない。

そこで、今回はそんな通信代が一番安い値段になっている格安SIMを紹介する。これまでは1か月あたり何千円もかかっていたスマホの維持費がたった数百円程度の抑える手段があるのはとても魅力的なのは確実だ。

最安はDMM mobile

dmm mobile

≫DMM mobileの評判の解説はこちら

 

データ通信のみ 音声通話+データ通信
ライトプラン 440 1,140
1GB 590 1,260
2GB 770 1,470
3GB 850 1,500
5GB 1,210 1,970
7GB 1,860 2,560
8GB 2,140 2,840
10GB 2,190 2,950
15GB 4,570 5,270
20GB 6.090 6,790

 

DMM mobileが数ある格安SIMを提供するMVNOの中でも安い月額料金プランを世に出している会社である。その中でも一番安いのは「ライトプラン」である。

データ通信速度は200kbpsに制限されるため、インターネット接続の時にできることといえば、メールやLINEのやり取りくらいしか快適にできるものはない。しかし、データ通信のみSIMで月額440円、音声通話機能付きで1,140円と激安な価格になっているのが特徴である。

高速データ通信ができるプランであっても、データ通信のみプランであれば1GBまでのもので590円、2GBまでのもので770円と、1,000円以内で収まる。音声通話機能付きのプランでさえも、1か月あたりの高速データ通信量の上限が5GBまでのプランで月に2,000円以内で抑えることができる。

音声通話の際の通話料金に関しても、30秒あたり20円と、他社の通話代とまったく同じである。SIM利用料金が激安なことに加えて、通話料金にも何のデメリットが存在しないところも「お得」といえるだろう。

スマートフォンの維持費としては可能な限り抑えたいと思っている人にとっては、DMM mobileの格安SIMはかなり魅力的である。

他にもスマートフォンの通信費が安い会社はある!

スマートフォンの通信費を安く済ますことができるMVNO会社はたくさん存在する。特に評判の良いのはau回線を使っているUQ mobile、安さと安定した通信速度で評価されているIIJmioなどが代表といえるだろう。

UQ mobileは、通信速度が格安SIMの中でも最速なのが特徴となっている。格安SIMとなると、どうしてもデータ通信速度が落ちてしまうのは避けられない。しかし、MVNOの中でもインターネット接続時の回線のスピードが速いのが、このUQ mobileである。

IIJmioは、通信速度が比較的速く、しかも月額料金が安い傾向になるのがメリットである。こちらでも通信費を安く済ますことができる会社といえるだろう。特に、維持費を下げたいが、通信速度の速さも求める人にとっては非常におすすめの格安SIMである。

iijmioの違約金、解約手数料

IIJmioの音声通話SIMには違約金がある!

IIJmioの申し込みはこちら

MVNO会社「IIJmio」で格安SIMを契約する場合、データ通信専用か音声通話機能付きのものかを選ぶことになる。契約を済ませれば、大手携帯電話各社よりも安い金額でスマートフォンが使えるようになる。

しかし、その後に何らかの理由で解約したいと考える場面も出てくるかもしれない。そこで、注意しておきたいのが解約手数料についての事項である。IIJmioでは、音声通話SIMにおいて解約手数料(新規契約時から12か月以内)の制度が存在する。

正式な名称は「音声通話機能解除調定金」という名前になっている。音声通話ができるSIMの契約をやめようとすると、このような違約金がかかってしまうのである。

電話番号を他社に転出するMNPを行う場合も、同じく解約手数料が発生する。たとえば、IIJmioから他社の楽天モバイルに今まで使ってきた電話番号を移行させようとする場合、新規契約時から12か月が経過していないのであれば、同じく違約金が発生する。

なお、データ通信専用SIMについては、音声通話ができるコースのような違約金制度はない。したがって、データ通信SIMだけを利用していた人が契約時から12か月以内に解約しても、無料で契約を解除することができる。

解約手数料はいくら?

IIJmioの解約手数料「音声通話機能解除調定金」の具体的な算出方法は以下の通りになっている。

(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)

たとえば、2015年4月に契約したとする。翌月の2015年5月に音声通話SIMを解約すると、違約金は「(12か月-1か月)×1,000円」ということで11,000円(税抜)になる。これに8%の消費税が加算されるので、11,880円という金額が実際の解約手数料となる。

契約してから1年以上が過ぎれば、その後はいつ解約しても違約金はとられず、無料でデータ専用SIMコースに変更したり、他社のMVNOに乗り換えることができる。また、ドコモ・au・ソフトバンクの直営スマートフォンに移ることも可能である。

こうした解約手数料が存在することから、音声通話SIMを契約しようとするときには最低でも1年は同じサービスを利用していくことを前提に考えなければならないだろう。おそらく、格安スマホが利用できるMVNO事業者のSIMカードを利用する最大の目的は「値段の安さ」であろう。

できるだけ支払う料金を安く済ませて家計の負担を減らすためには、違約金の対象となることがないように長期にわたって同じ会社の格安SIMを使っていることを考慮に入れてIIJmioでスマートフォンを使っていくことをおすすめする。

≫IIJmioの申し込みはこちら

ドコモの回線を使っているMVNO会社はどこか?

格安スマホのSIMカードを提供する会社であるMVNO事業者は、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかの回線を使うことになっている。

NTTdocomoの回線を使うことによって得られるメリットとしては、最新のi-phoneが使えたり、「SIMフリー」のスマートフォンのほとんどの機種が使えるという利点がある。

また、古くから携帯電話の回線が安定しているという歴史を持っているため、信頼度が高く安心感が抱けるのもドコモのメリットであろう。

ドコモの回線使用のMVNO

ドコモの回線を使っている格安SIMのMVNO会社の中でも代表的なのは、上の7社である。

ドコモの回線を利用しているMVNOと契約すると、NTTdocomoのスマートフォン端末だけではく、auやソフトバンクの端末も利用できるというのがメリットである。

一方、auの回線だけを使っているMVNOと契約しようとする場合、端末を持ち込めるのはauのスマートフォンのみである。ドコモやソフトバンクの端末は一切使えない。

この点から、格安SIMが近年注目される傾向の中でも、数あるMVNO事業者の
多くの場合がドコモの回線を利用している理由となっている。

回線速度は各社で異なる

同じドコモの回線を利用している問い特徴を持っていても、実際に出る通信速度は各社によって異なる。MVNO会社によって、インターネット接続時の回線速度が速い会社もあれば、驚くほど遅いところもある。

回線速度が速いMVNOとしては、IIJmio、mineo(マイネオ)、楽天モバイルの3社である。いずれも、ほとんどの時間帯でも安定した通信速度が出ることで評判が良い。

NTTdocomoで直接契約している場合よりは遅いものの、値段が安く格安でSIM・スマートフォンが利用できることを考えると、インターネット接続時の回線速度の速さを重視する人には、これら3社のMVNO会社で契約するのがおすすめである。

月額料金が安い会社はどこ?

ドコモ系のMVNO会社で月額料金が安いのは、DMM mobile、IIJmio、mineo(マイネオ)の3社である。

データ通信専用SIM(音声通話なしプラン)の場合、1か月あたりの値段はそれぞれ850円、900円、900円である。

もともとMVNO事業者は格安スマホとして値段が全体的に安い傾向があるが、これらの会社はその中でも特に価格が安く「お得」なのが特徴である。

ドコモの回線を使っていて、しかも1か月あたりのSIM利用料金が安いという点を重視するのであれば、こうした会社で契約するのが良いだろう。

関連記事~こちらもチェック!