カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【必読】モバイルバッテリーが発火する事故に注意!

モバイルバッテリー「Anker-Astro 」

モバイルバッテリー「Anker-Astro 」

モバイルバッテリーが突然発火するという事故が最近話題となっている。熱や衝撃が加わることによって、リチウムイオン電池がいきかり火を噴く。場合のよっては、火災や火傷の原因となることもある。

iPhoneなどのスマートフォンやタブレットをいろんな場所で使うために、気が付けばあっという間に電池がなくなっている例が少なくないだろう。そのため、外出先でも充電でるために外付けの充電器「モバイルバッテリー」を持ちは込む人が多い。

そんな便利なアイテムであるが、思わぬ危険性が潜在するのもまた事実である。具体的にどんな時に突然発火するのか。詳しく見ていこう。

発熱によって火を噴く!

モバイルバッテリー本体にコンセントから充電している時、またはモバイルバッテリーからスマートフォンやタブレット端末に充電している場合に起こる事故が1つ目の「発熱による発火」である。

充電を行うと、自然と電気が流れることによって発熱する。周辺の温度が低い場合であれば、決して高温になることはない。自然の環境であれば、発熱しても最高で40℃ほどまでしか温度が上昇しない。

しかし、モバイルバッテリーの上にスマートフォンやタブレットを置いて充電したり、暖房器具の近くに置いたりすると、耐えられる温度以上に発熱してしまい、最悪の場合火を噴く可能性が出てくる。

また、直射日光に当てている場合も同じである。直射日光によってモバイルバッテリーの温度が上昇してしまい、高温に耐えきれなくなってしまう。火を噴くまではいかなくても、機器が故障する原因になる可能性が高い。

モバイルバッテリーを使うときには、熱ができるだけこもらない場所や環境であることを確かめてから使わなければならない。特に気温が高くなる夏場は要注意の季節である。

衝撃でも発火する!

火を噴く原因は熱以外にもある。それは強い衝撃である。モバイルバッテリーに使われているリチウムイオン電池に強い衝撃を与えてしまうと、中にたまっているエネルギーが反応して発熱して、煙や火が出る原因となる。

リチウムイオン電池の特徴として、電圧が高く、蓄えているエネルギーの密度も高い。また、電解液には燃えやすい有機溶媒が使われている。こうしたことから、発火してよく燃える条件が多く潜在しているのである。

リチウムイオン電池は多くの電気を貯めることができ、しかも急速での充電・放電ができるしくみになっている。しかし、そんな便利性の一方で熱や衝撃に弱いという性質も持っている。このため、少しでも厳しい環境で使ってしまと発熱してしまう、発火したり故障としてしまう。

楽天モバイル

楽天モバイルへ電話番号を乗り換える方法とは?


楽天モバイルの申し込みはこちら

楽天モバイルでは、090、080、070といった電話番号を今までの携帯電話会社から移し替えることができる。そのまま、これまで使っていた携帯電話番号を引き続き利用できる仕組みになっている。

楽天モバイルの格安スマホへ乗り換える際に持ち込むことを「MNP」というが、その方法とは何か。その詳しいやり方について説明する。

やり方はとても簡単

1.今までの携帯会社でMNP予約を申し込む

例えば、NTTドコモの場合は、インターネットサイト「My docomo」、電話、ドコモショップの窓口のいずれかでMNP申込みを行うことができる。

ネット経由で申し込むのは簡単であるが、「一括請求/一括送付サービスの代表番号」や「3回線以上でファミリー割引をご契約の主回線」に該当する場合には利用できないといった制限がある。また、手続きを間違ってしまうというリスクの存在する。

あまりスマートフォンの分野に詳しくない人であれば、直接ショップの窓口に行って、詳しい知識を持った従業員のもとで申し込むのが一番安心であろう。

au、ソフトバンクの場合も、NTTドコモと大差ない。Web申込み・電話・店舗の窓口の3つがある。こちらも、一番安心できるのは直接店舗の窓口でやってもらうという方法であろう。

いずれの会社も、MNPの転出には手数料がかかる。値段は2,000~3,000円ほどであり、少々負担となるかもしれない。なお、転入先の楽天モバイルでは手数料はかからない。

2.「MNP予約番号」をGET

各社で定められた方法でMNP(電話番号の乗り替え)の申し込みを終えると、「MNP予約番号」を受け取ることができる。

これは電話番号を他社へ移し替える際には不可欠となり、この番号がないと移し替えることができなくなってしまう。

また、「MNP予約番号」には有効期限がある。予約発効日を含めて15日間しか有効でない。この間に楽天モバイルに申し込む必要がある。

3.楽天モバイルに申し込む

「MNP予約番号」を手に入れたらできるだけ早く楽天モバイルに申し込むことが求められる。MNP予約番号の残りの有効期限が10日以上となっていることが、申し込む際には必要となる。したがって、転出手続きを済ませてから4日以内に楽天モバイルに申し込まなければならない。

また、Web経由だとスマートフォンやSIMカードが届くまでは数日かかる。その間は電話番号が一時的に使えなくなる。この空白期間ができてしまうのはデメリットになるかもしれない。人によってはスマホを仕事などでも使う人がいるが、この期間は通話ができず、そのような人は大きな支障を受けることになる。

東京や大阪などの大都市、あるいは本州、四国の場合、電話が使えないのは1~3日くらいである。楽天モバイルからSIMカードなどが送られてくるまでにかかる日数は1日(発送日の翌日)であるため、使えなくなる期間はそれくらいとなる。

北海道や沖縄の場合は、発送だけで2日かかってしまう。このため、電話が使えない期間が本州よりも長めになる。

≫楽天モバイルの申し込みはこちら