無料にはならない! IIJmioで家族間通話

IIJmioの申し込みはこちら

IIJmioにおいて、家族でそろってスマートフォンの契約を行うと、家族間の通話料金が割引になり、通常時よりも安い価格で電話でのやりとりができる。

家庭内の人(IIJmioで契約しているSIM使用のスマホ)に電話をかけた場合、通話料は通常時の20%割引となるため、普段よりも割足すに電話を利用することができる。格安SIMの中では、比較的珍しいサービスである。

さらに、「みおふぉんダイアル」という専用の電話用アプリを使えば、誰に電話しても通話料が50%割引となる。これは、家族の人だけでなく、自分とは関係のない第三者への通話の場合も割引となる。相手がIIJmioと契約していない人であっても対象となる。

なお、通話料金が20%安くなる家族間通話の場合、「みおふぉんダイアル」である必要はなく、アプリを介さない直接の電話の利用で割引となる。この場合、1分あたりの通話料金は32円となる、

とはいえ、「みおふぉんダイアル」を使った家族間の電話は60%割引となる。これを使えば、このアプリを利用しない場合よりも割引率が60%と大きいことから、特に理由がないのであれば、IIJmioで契約している家族間においても「みおふぉんダイアル」経由で電話をかけるのがよい。

「みおふぉんダイアル」利用時の通話料金は1分あたり20円であり、家族間の通話時は16円である。是非使いたいアプリではないだろうか。

無料にはならない!

ただし、NTTドコモなどの大手携帯電話3社のように、家族で同じ通信会社を利用している場合は家族間の通話料金が無料になるというような大きな制度はない。

たとえば、一家そろってドコモでスマートフォンの契約を行っている場合は、家族間の通話は何時間電話をかけ続けても、常に「無料」である。こうしたメリットを求めて、ファミリー全体で同じ通信会社で契約する例が多い。

しかし、IIJmioをはじめとする格安SIMのMVNO事業者の場合、家族通話の値段が完全に無料になる制度を提供しているところは現時点ではない。

元々のデータ通信のプランの月額料金が大手携帯電話3社よりも大幅に安いため、「ファミリー割引」などの付加サービスが少ない。

もし、どうしても家族間の通話料金が無料である通信会社を探し求めているのであれば、IIJmioなどのMVNOではなく、ドコモなどの正規の携帯電話会社で契約するのがよいかもしれない。

とはいえ、格安SIMはデータ通信プランの基本料金そのものが安いことから、たとえ通話料金が発生したとしても、家計への負担額自体はMVNO事業者で契約した方が安上がりとなる場合がほとんどである。

≫IIJmioの申し込みはこちら

おすすめ記事~こちらもチェック!