line

格安SIMでLINEの「年齢確認」の認証ができない?

格安SIMを提供しているMVNOにおいて、LINEの年生確認の認証ができないというう悩みを持っている人が多い。データ通信専用であっても音声通話機能付きのSIMカードを使っても、この問題が起きる。

自分の年齢を証明するものをライン側に送れないことから、他人から自分のID検索ができない。ドコモ系のMVNOの場合、新たに年齢認証を行おうとすると、ドコモのID取得ページに移動するが、結論から言うと、このドコモのIDを新規取得していも他人から自分のLINE・IDを検索できるようにするのは不可能である。

これは、他の格安SIMのMVNO会社であっても同じであり、大手携帯電話3社以外で契約すると、LINEの年齢確認の認証機能が使えない。これは、便利性の面ではデメリットといえるだろう。

格安SIMは年齢認証が無理!

大手携帯電話会社3社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)で直接契約している場合、LINEで年齢認証を行お糸すると、契約内容がLINE側に送られる仕組みになっている。これによって、契約時に提出した情報が送られて、自動的に認証される。

しかし、格安SIMにおいては、自社の回線を持っていないことから、契約内容がLINE側に送ることができない。たとえ、NTTドコモの回線を利用していたとしても、ドコモで利用者自身が直接契約しているわけではないので、契約内容を照会することが不可能なのである。

だが、この年齢確認が認証できないと、「ID検索」の機能が利用できない。これによって、格安SIMを提供しているMVNO会社で契約して使う場合には、「ID検索」は使えないのである。

LINEで年齢確認を認証させる手段は、あくまでも大手3社で契約している場合に限られるというのは現状であるのだ。

LINEそのものは使える!

友達からのID検索はできないものの、LINEを用いたやり取りそのものは大手携帯電話会社3社で契約している場合と同じように可能であり、格安SIMだからといって重大な欠点があるわけではない。

ただし、LINEのアカウントをスマートフォン端末と同期させるためには、SMS機能が不可欠となる。音声通話機能付きのSIMのプランに申し込んでいるのであれば、すべての会社でもれなくSMS機能は付いているので、特に何の心配もいらない。

注意するべきなのは、データ通信専用SIMカードを使っている場合である。データ通信だけのプランの場合、SMS機能はオプションとしてついている場合もあれば、最初からついていない場合もある。

SMS機能が付いていないと、簡単にはLINEアカウントに接続することができない。Facebookアカウントを経由してアカウントを認証させるという方法もあるが、もしFacebookのアカウントを持っていない場合には、LINEそのものを利用できない。

この点から、格安SIMを新たに申し込む場合には、SMS機能が付いているデータ通信SIM、または音声通話機能付きのSIMのプランで契約するのが好ましい。

おすすめ記事