HOME

スマホのコストをもっと安くしたい

 

格安スマホは近年利用者数を大きく伸ばしている。これまでは、スマートフォンのSIMカードも大手3社の携帯電話会社のものを使うしかなかった。しかし、SIMの自由化にともなって、格安なSIMカードを提供する事業者(MVNO)が増え、消費者の選択肢が広がった。

格安スマホのあらゆるサービスを提供するMVNO事業者の最大の特徴といえば、月額プランの値段である。価格が安いことから、多くの新規ユーザーを獲得している。これからも、この格安SIMへ乗り換える傾向は続くだろう。

格安SIMベスト9の比較!オススメはどこ?

格安でSIMカードを提供しているMVNO事業者の比較。NTTdocomo、au、ソフトバンクといった大手携帯電話会社よりも安い月額料金でスマホが利用できるのが最大のメリットである。数ある業者の中でも特にお薦めの9社を紹介。

楽天モバイル サービスの質や費用の面でバランスのとれた格安MVNO会社
UQ mobile au系で高速データ通信の回線速度が格安MVNOの中で最速クラス
DMM mobile とにかく激安~月額料金の安さならここ
mineo(マイネオ) au、ドコモ回線で通信速度が速い
So-net(ソネット) スマホ本体とセットで高機能機種で評判
Ymobile Yahoo!の格安スマホ~通話無料サービスあり
ぷららモバイルLTE 定額無制限プランが大人気
b-mobile 「b-mobile SIM 高速定額」が大人気
IIJmio 高速通信を手動でON/OFF切り替えできる
u-mobile 無制限高速データ通信の回線速度が格安SIMで最速